凡凡舎ライブ

イベント告知

凡凡舎でのライブは実に4年ぶり。今回はTSUYA &ALAN、三線とアコーディオンのライブです!
多言は無用、限定20人、早い者勝ちです。ちょっとでも🤏ピンっときたら即予約‼︎

夏空常念・夏ドリンク

本当に久しぶりの投稿です。
最近の夏空常念と夏ドリンク紹介。

夏コーヒーはLCFマンデリンのハイロースト(超浅煎り)です。フルーツ感あふれる軽快な酸、なめらかな触感のある、複雑な味わいが特徴。爽やかで、夏らしい珈琲です。
季節のドリンクは、自家製梅スカッシュと大好評ジンジャーエールをご紹介。塩尻産の梅から取ったエキスをソーダで割りました。同じく塩尻産の煮梅が入ります。安曇野産赤紫蘇の自家製紫蘇ジュースと紫蘇スカッシュもご用意しています。凡凡舎のすりおろしジンジャーエールは定番。今年も新生姜で仕込みました。

常念岳を眺めながら、夏コーヒーと夏ドリンクで、ゆっくりとお過ごしください。

冷酒杯

高地善之さんの新作が届きました。冷酒杯です。7勺くらい入るサイズ。マットな黒は、まさに高地ブラック。銅の色が映えます。キンキンに冷やして、白ワインも良さそうです。

Haru.tクラフト

Haru.t craftさんの作品が届いています。
いいなぁ、味があるなぁ。なんだかとっても穏やかな気持ちになります

Haru.T Craft

@Haru.TCraft さんの作品が届いています。少年2人と忍者。勝手に、ハルちゃんシリーズと名付けている少年たちは、表情豊かで、角度によって異なる顔を見せます。ぜひ、会いにお越しください♪
店の入り口では、ヤマシャクヤクが皆さんをお出迎え!

現在のランチは、凡バーグ。今回は明科の湧水で採取したクレソン入りのおろしポン酢で、ハンバーグを召し上がっていただきます。

コエドブルワリー🆚堀口珈琲

寒い朝を迎えました。これからいよいよ、寒さは本格化するようです。でも、薪ストーブに火が入り、店内はほんわか温まっています。
薪ストーブにあたりながら、こんなドリンクはいかが?
コエドブルワリーと堀口珈琲コラボの第4弾【黒艶 -Kokuen-】(こくえん) と昨年好評だった【織香-Worka-】(うぉるか)。11月12日、数量限定で発売された二品が届きました。コエドブルワリーHPから。
黒艶は、エチオピア「ウォルカ アダメ・マゾリョ ナチュラル フレンチロースト」を「シュバルツ」スタイルのビールに漬け込んだ、柔らかなロースト感となめらかで濃厚なコクのなかにコーヒーの果実感が溶け込んだ、華やかで上品なコーヒーラガーです。
織香は、エチオピア「ウォルカ ウレインチニーチャ ウォッシュト シティロースト」を使い、「アルト」スタイルのビールをベースにした、ビールの中にコーヒーの華やかな香りと果実のような風味が織り重なる、繊細かつ重層的な味わいを持つコーヒーエールです。
ハンドルキーパーを見つけて、たまにはアルコールをいかが?

奥原さんのはちみつ

お待たせしました。
奥原さんのはちみつ入荷です。
純大町産。こだわりの奥原さんの農園で採れた蜂蜜は絶品!

アカシア蜜

リンゴ蜜

春の百花蜜

はちみつスティック

今年もこんな季節に

今年も、こんな時期になりました。
すぐ前山まで白くなり、薪ストーブの炎と暖かさがたまらなく心地よい季節になってきています。
寒い時には芯から温まるホットジンジャーや焼きカレーを、寒い時だからこそ暖まりながらベルギー産アイスクリームを、そして薪ストーブにあたりながら堀口コーヒーのハンドドリップコーヒーと手づくりケーキを。
ゆっくりと凡凡舎タイムを過ごしにお越しください。

真冬目前

よく晴れて、霜で真っ白になった、凍てつく寒い朝です。それでも、今の時期は、陽があたれば、すぐに解けるのですが。
前山の紅葉も終わり、すぐ手前の木々が最後の色付きを見せています。この木々が葉を落とせば、いよいよ寒さ厳しい冬になります。
ギャラリースペースでは、安曇野スタイルからのイベント展示が終わり、本日から通常展示に戻ります。寒さに備えるグッズもありますので、どうぞご覧ください❗️

朝の景色

屋敷林に朝靄、そして奥には蓼科山。凡凡舎の少し南から見た安曇野です。

雲の加減で前山が沈み、蝶ヶ岳、常念岳と手前の紅葉が浮き出た景色も綺麗でした。

11月初旬の風景です。